本文へスキップ

お電話でのお問い合わせ0120-725-088

〒500-8321 岐阜市菊井町59-3
リフォーミングハウス

任意売却についてreal estate

 住宅ローンの返済が、困難な方に

所有者の意思により不動産を売却することを任意売却といいます。

一生に一度の大きな住宅ローン契約したとき 仕事のため事業資金として自宅を担保に借り入れたとき 銀行で契約する借入の不安より家族の夢と希望が将来続くと確信し これから頑張ろうと決心されたと思います。
けれど 数十年という長いローン返済期間に世の中は、刻々と変化して時が過ぎ以前見た親の姿のように老けたこと気づかされます。

長年勤めていた会社の倒産 ご自身の病気 連帯保証された夫婦の離婚
負の相続 さまざまな理由により返済が滞るように
住宅ローン・カードローン・税金等 毎日どこからかの督促で不眠と身体の不調 返済のことで頭がいっぱいで心に余裕もなくなります。
この状態が続くと誰もが精神的に不安定になってしまいます。

相談先も見つからず 途方に暮れ何もしないでいますと・・
滞納約10か月後には、不動産は競売になりに最低価額はあるものの非常に安く落札され代金納付と同時に所有権が移転されます。
その後、各種債務と滞納税金には高い利息が付き 家を取られても支払い義務は続きます。


 任意売却には、選択肢があります。


 社)全日本任意売却支援協会http://ninbai-japan.or.jp/member/gifu.html .jp/

あなたの希望に沿った解決方法

「住宅ローンが払えなくなったら競売になるしかない」と思われている方も少なくないでしょう。
しかし、住宅ローンの返済が困難になった方を支援する制度があり、解決方法として選択される方が増えています。それが、任意売却という方法です。 住宅ローンが返済できない。または既に滞納している。

  • 自宅に住み続けたい
  • 引越代を確保したい

住宅ローンの滞納だけでなく、【税金】や【マンション管理費】の滞納による自宅差押え、【投資用マンション・収益物件】についても高く売却したい、早く解決したいサポートしております。ご相談ください。

ご希望別解決プラン一覧

住宅ローンを滞納すると、競売に向かって進んでいきます。

競売の前に解決する方法が、任意売却。 売却までの期間

住宅ローンの返済を滞納すると、いずれ「競売」にかけられてしまいます。
(返済を3ヶ月〜6ヶ月滞納すると、差押えが入り競売に向かって進みます。)
しかし、早い段階でご相談いただければ、「任意売却」という方法で解決できます。
住宅ローンを滞納されている方、今後の返済が不安な方は、専門家にご相談ください。

競売までのスケジュール

任意売却の費用は? 任意売却による売却代金の中から配分

任意売却のご相談・ご依頼に、費用は一切かかりません。
任意売却が成立すると、売却代金の中からローン返済分が充当されます。
あわせて、金融機関の合意のもとで、その他の滞納分や、必要経費(仲介手数料など)も配分されます。
(※上記イラスト参照)
残った債務についても金融機関がお話合いに応じてくれるため、無理なく返済することができます。


競売になってしまう前に行動して下さい。
債権者の同意が必要です。(各種ローン先、税・保等役所)

社)移住・住みかえ支援機構による担保物件の借り換えで自宅を一時的に転貸して
 その家賃収入は、住宅ローンの返済原資に充て完済すれば自宅にに戻ることが出来る 制度も御座います。